Naoのサラママブログ

高1・中1 二人の娘を持つママでサラリーマンのブログ。小1の壁・小4の壁、中学受験を乗り切ったワーキングマザー。超えても超えても、壁はまだまだあるでしょうが、どうやって仕事を続けていくのか、これからママになる人、ワーキングマザーに”私なり”の乗り越え術を伝えていきます。

心拍計ほしいなあ。。。

すぐにガジェットから入りたがる私です・・・

「脳を鍛えるには運動しかない」という本を数年前に購入。何度か読んでいますが、また久しぶりに読みました。 

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない!最新科学でわかった脳細胞の増やし方

 

 最近、これまで以上に、何かと考えることも多く、これまでさぼっていた脳を使うことが増えた気がして、鍛えなおさなくちゃ、と思うのと、健康診断で中性脂肪要注意が出てしまったので、運動もしなくちゃ。

というので、まさにこの本が私のニーズを満たしてくれるはず!と再読しているところです。

ニューロンやらシナプスやら、海馬・・・といった脳に関するワードも多いのですが、じゃあ、どんな運動すればいいの?といった具体的な内容もあります。

そこで紹介されるのが心拍数。

運動するにあたって、最大心拍数の6割程度で運動するのが最適の状態とか。

最大心拍数は220から自分の年齢を引いた数値だそうです。

私の場合は、最大心拍数は177で、その6割、106くらいが運動に最適な心拍数。

でも、それ って自分で運動中に測るのは不可能ですよね---。

というので、ほしくなっちゃったわけです。心拍数計。

 

どんなのがあるのー???

というわけで、検索すると

1.身体(胸囲)に巻きつけるタイプ

2.腕時計タイプ

の二つに分かれる感じ。

身体に巻きつけるタイプは、一番正確に測れるかもしれないけれど、ちょっと煩わしいなあ。とはいえ、腕時計タイプと比べると安価ですね。 

 腕時計タイプもいろいろあります。

あ、Apple Watchも心拍数を測ることができるようですね。

しかし、値段が高いのと、あとはサイズが少し大きいなあー。

Apple Watch - 健康とフィットネス - Apple(日本)

 

で、これがいいなーって思ったのがこちら。 

 Fitbit、聞いたことあります。確かSoftbankのショップで見たことがあるような・・・。でもこのような腕時計タイプではなく、歩数計のような形でしたね。

こちらは、睡眠もモニタリングできるようす。

これをつけていれば、普段の生活で自分自身の活動が数値で見える化されて、じゃあ、何をどのように改善すればいいのか、理解できそうです。

お値段は結構しますねー。20,000円弱。Apple Watchよりは安いですが。

でも、デザインはおしゃれですし、普段腕時計をつけていないので、これをつけてもいいかな。

もう少し考えてみます!

 

 

 

IKEA FOOD Part.3 ミートボール

IKEA FOOD Part.3 KOTTBULLAR ミートボールです!

これは、IKEAのレストランでも確かメニューにありますよね。

そして専用のソースも売っています。が、今回はあえてソースは買わずにミートボールだけ購入し、ソースは家で作りました。

f:id:nao20150803:20151002224209j:plain

こちら699円 500g入り(この写真は1000gになってますが・・・)

数えたら31個入っていました。

 

ミートボールはオーブンで180℃で15分~20分焼くか電子レンジで2-3分加熱。とのこと。ソースを作る時間もあるので、2-3分でできあがる必要はなし!我が家はオーブンで焼きました。

まず、仕事から帰ったらすぐに、この商品の封を開け、オーブンに入れて焼き始めました。

今回作ったソースは、トマトダイス缶を利用したトマトソースです。(簡単!)

オリーブオイルをフライパンで熱し、みじん切りにしたにんにくを炒め、そこにドボドボーーーっとダイストマトを入れる。赤ワインを加えてグツグツ・・・。

これだけだと、パンチに欠けるかなーと思って、半分取り出して、大人用にはスパイシーなこちらを加えました。

 (こちらはカルディで購入しました!)

 それから、お豆も。(缶詰のミックスビーンズです) 

最後にチーズを加えてトマトチーズソース2種類の出来上がり!


ということで、ソースを煮込んでいる間に出来上がったミートボールを皿に並べ、ソースを盛り付け出来上がり!

帰宅後20分ほどでできてしまう簡単メニューとなりました!

f:id:nao20150803:20151004200838j:image 

さて肝心のお味は???

 

うん、おいしい!”ふつう”においしい!!

ミートボール自体の味も、結構いいです。

ちなみに、ソースはスパイシーにしたほうが夫のウケはよかった。(子供たちは食べていない)思っていたほど辛くなかったのと、チーズが辛みを中和したのかもしれない。それから豆を入れたことで、ボリュームアップになったのはよかったですね。

 

これはお弁当にも気楽に使えそうなので、IKEAに行ったらまた買おう!

そして今度は専用のソースも試してみようっと。

 

本当に簡単だった!「日本一簡単に家で焼けるパンレシピ」

先日、朝やっているテレビ「ZIP」で「3Dちぎりパン」というのが紹介されていて、そのかわいさに、やってみたい気持ちが抑えられなくなりました。

「ちぎりパン」で検索してみると、この本が出てきます。Amazonでも評判もいい!型もついてくる。というので、早速、この本を買いました。

 

 「日本一簡単に家で焼けるパンレシピ」という名前だけあって、本当に簡単なレシピです。

簡単な理由は、パンをこねる時の”伸ばす””たたく”という動作がない、ということだと思います。まな板の上で押して畳んで押して畳んで・・・の繰り返しです。

280gの強力粉をこねたのですが、そこまで大変じゃなかったですね。

そして、スペースもまな板一枚分で大丈夫ということで、本に書かれている通り、キッチンが散らからない。

 

では早速!

 こねこね後、1次発酵、ベンチタイムを終え、2次発酵中

f:id:nao20150803:20151003203857j:image
そして焼くこと15分。 
本と並べて取ってみる。そのまんまできたでしょー。そして、おいしそう!

f:id:nao20150803:20151003203903j:plain

 

上から!

f:id:nao20150803:20151003203911j:plain

 

 横から

f:id:nao20150803:20151003203919j:plain

 

型からはずして・・・

f:id:nao20150803:20151003203924j:plain

 

そしたら、娘に食べられた。(熱い!熱い!)

f:id:nao20150803:20151003203927j:plain

(あまりにきれいにできたので、嬉しくてたくさん写真撮っちゃいました・笑)

 

本当に簡単にできました。

室温25℃で発酵させるので、たとえば電子レンジの発酵機能などを使う必要はありません。

 

準備から焼きあがるまで、2時間半弱。

それぞれの工程にかかる時間は、

*材料の計量、準備・・・5分

*こね時間 ・・・5~10分

*1次発酵・・・50分

*ベンチタイム・・・10分

*2次発酵・・・40分

*焼き時間・・・15分

 

とにかくこねるのに時間と体力があまりかからないので、超簡単!

食べた娘たちは・・・

「焼きたておいしー。」「ふわふわー。」

 

ということで、基本のちぎりパンは大成功。

次は3Dに挑戦?????

してみたいな~。

進研ゼミ小学講座、ポケットチャレンジDXって何?

こんばんは。

昨日の記事

パパの小児科デビュー?〜パパが初めてベビーを小児科に連れて行く前に〜 - Naoのサラママブログ

には、たくさんの方に訪問いただきありがとうございました。

ブログを始めて、これだけ一日にたくさんの方にお越しいただき、驚きと嬉しさでいっぱいです。

これからもみなさんに共感いただけるようなブログを書いてきたいと思います。

 

さて・・・・

f:id:nao20150803:20151001084800j:image

10月度よりスタートした進研ゼミ小学講座。
小5娘はコツコツ取り組んでいます。
うちの場合は、チャレンジタッチと呼ばれているタブレットではなく、昔からある紙バージョン。
昔からある…とはいえ、私の時のとは全く違って、サポート教材が、デジタルです。
特におもしろいのは、これ!
「ポケットチャレンジDX」

f:id:nao20150803:20151002210557j:image

チャレンジタイムをあらかじめセットしておくと、その時間にチャレンジタイムだよーってお知らせしてくれます。

またチャレンジ中は、1教科20分で終わることを推奨しているので、20分間のカウントダウンが始まります。5分毎にお知らせしてくれるので、ちょっと遅れているのか、それとも進んでいるのかわかるようになっています。

とはいえ、うちの娘の場合、算数が苦手で、時間通りに終わらないため、算数の時はカウントダウンは使わないほうがいいかなーーなんて思っています。

テキストが終了したら、やりきりマップにスタンプを押します。

f:id:nao20150803:20151002210640j:plain

終わった状況が一目で見ることができるのはいいですよね!

 

それ以外にも、テキストの中にQRコードが出てくると、それをこのチャレンジDXのカメラ機能が読み取り、その単元に関連のある動画を見ることができます。

その仕組みも面白いし、動画によって理解が深まることも多いだろうなーって思います。工夫されていますよね!

 

そのほかにも、付録がついています。

「けんび鏡!ミクロ図かん」を開き、

f:id:nao20150803:20151002210625j:image

f:id:nao20150803:20151002212638j:plain

 「ミツバチのあし」を見ると・・・
 

f:id:nao20150803:20151002212630j:plain

こんな感じで、「ミツバチのあしについた花粉」を見ることができます。
 
これ以外にもたくさんの機能がついています。
詳細は進研ゼミHPへ!
 
こういう仕組みの一つ一つが、”つづけられる”をサポートしてくれるのでしょうね。
さて、今週末はテキストとともについてきた「ミラクルお天気観察キット」を一緒にやってみようかと思います♪

パパの小児科デビュー?〜パパが初めてベビーを小児科に連れて行く前に〜

先日、娘の健康診断再検査で小児科受診したとき、検査の結果に30分もかかり、ヒマにしていた時に起きた出来事

最近ではきっと珍しくないんだと思いますが、新米パパが11カ月の赤ちゃんを連れてきていたんです。

まーーー、とにかく要領が悪い。

見ていてイライラしてきちゃうんだけど、きっと私も一人目の初受診の時は、あんな風だったかもなぁ。

まず、荷物がやたら多い。

奥さんから言われたものを整理せずに全部袋に入れて持ってきた様子。

やーーーたらバッグが大きく膨らんでる。

そして、受付付近でウロウロウロウロ・・・

この人何してるんだろ?って思ってたら、病院の受付の方が近づいてきて、質問をしてくれて、受付を無事済ませる。

その間、診察券・保険証を出すのに、赤ちゃんを抱っこしたままバッグに手を入れて探し出す・・・しかし赤ちゃんを抱っこしたままなので、なかなか探せない。。。

そうすると、またもや受付の女性が親切に、中開けますね---と探してくれる。

母子手帳はありますか?と後で質問されたときも同じ状態。

(ベビーカー持ってきてるんだからさあー、ベビーカーにいったん赤ちゃんおけばいいじゃん)と思いつつも、親切な受付女性が同じく探し出す。

受付完了後、赤ちゃんの症状を書く紙を渡されるも、赤ちゃんを抱っこしたままなので、書けない。

(だからさーーーー、赤ちゃんベビーカーにおけばいいでしょ)と思っていたら、ベビーカーが見当たらない。。。

ベビーカーは受付に置きっぱなしになっていることに気づく・・・

赤ちゃんを抱っこし、紙に記入しようとしているパパは、「あ、ベビーカー置きっぱなしにしてきちゃった」とつぶやきながら、取りに行こうとするも、またもや受付女性が「あ、こちらでベビーカーはあずかっておきますねー」って。

で、結局、記入用紙にもかけない、赤ちゃん抱っこしっぱなし、、、のまま、ベビーカーは病院で預かる・・・

受付女性、戻ってくると「記入用紙、私が代わりに書きますよ」って。

(なんて親切なの???これママでも同じサービスしてくれるんだよねーーー?)なんて思いながら、質問一つ一つに答えていくパパ。

 

赤ちゃんの名前、年齢、体重…と質問。

パパ「体重かーーー、えーーー今何キロなんだろ。知らないなあ」

(うんうん、こんな様子のパパじゃ、確かにわからんだろな)

受付女性「大丈夫ですよー、後で測りましょうねーーー」

症状について、パパ「いや、数日前に一回来て、足にブツブツが出てるんですよ・・・熱が出たらまた来てください、って言われたので来たんです。前回は女房が来たんですけどね」と。

その後も質問は続き、熱・家での様子・既往歴・アレルギー…

パパ「アレルギー、、、、なんかあったっけ?聞いてないから、たぶん何もない」

(えーーーー大丈夫?)

受付女性「お薬は粉と液体どっちがいいですか?」(その質問、このパパにしても絶対わかんないよ)と思っていたら、中から看護士さんが出てきてサポート。

(すごい。。。2人体制になった!!!)

看護士「保育園行ってますか?行ってるとしたら、液体より粉末のほうがいいですよ」とアドバイス。(そういえばそうだったかも。1回あたりの分量を保育園では測って飲ませてくれないんだった。だから1回ずつ小分けになっている粉末のほうがいいんだったっけ)

パパ「じゃ、粉末で!」(看護師、ナイス!!!)

そして診察室に入っていくと・・・

赤ちゃん「ギャーーーーギャーーーギャーーーーギャーーー」めっちゃ泣いてる。

もう、外から聞いてて、すごい元気だなあーーなんて思いながら泣き声を聞いておりましたが、診察室から出てくると、ケロっとしてる。

再度、診察室に呼ばれる・・・入る前から赤ちゃんギャーギャー泣きだすと、パパ「おまえ、かしこいなーーー、うん、賢い。頭いいわ」と親ばかモード炸裂。

そんな親子に医者は「お話だけ、お話だけだから泣かない!!!」と11カ月の赤ちゃんにビシっと言うと、中では赤ちゃん、静かにしていた(笑)

そして診察を終えたパパは、はっきり言ってグッタリ疲れ切っておりました。

ママは数日前に一度受診させるために会社を休んだばかりで、今回はパパに任せたのだと思います。

この日のパパは、学びの多いとってもいい一日になったと思います。

赤ちゃんもめっちゃ泣いていたので、きっとお昼寝たっぷりしてくれたかな。

 

ということで、初めての赤ちゃんが小児科にかかるときの心構え、準備などは、一度夫婦で確認しておいたほうがいいかもしれませんね。(こんなふうに助けてくれる病院ばかりではないはずですので)

私の娘はもう大きいので、あまり参考にならないかもしれないけれど、共働き家庭が赤ちゃん病院受診時に、こうしたほうがいいよーアドバイス~。

 

1.身長・体重は健診の都度、夫婦で手帳に書くなど共有しておく。

2.アレルギーは、ない場合も必ず「なし」であることを夫婦で共有。

3.病院へいくときに必要なものは、なるべくコンパクトにセットにしておき、置き場所は決めておく。

  (母子手帳・健康保険証・診察券・おむつ・ガーゼとかかな)

4.病院へ行くときは抱っこひも+ベビーカーの体制。(両手があくほうがよい)

5.お薬のタイプは液体がいいか、粉末がいいのか、確認しておく。

6.病院で医師から言われたことを、メモを取る。(後で帰宅後にパパに聞くと、まあ、我が家の場合ですが、「大丈夫だって」としか返ってこない)

  メモに記載する項目としては

   ・病名

   ・薬は飲み切るのか、症状がよくなったら飲まなくてもいいのか

   ・次受診する必要がある場合はどんなときか

   ・お風呂に入ってもいいのか

   ・保育園に行っても大丈夫か

   ・今後の生活で気を付ける点

こんな感じかなあ。神経質すぎかしら???

まだまだあるかもしれないけれど、気づいたら追記してみます!

いずれにしても、経験して学ぶことも多いし、事前に知っていたらよかったな、と思うこともあるでしょうし、少しでもお役にたてば・・・

 

しかし、大泣きした赤ちゃん、かわいかったなー。

パパも本当にお疲れ様でした。

IKEA FOOD Part.2 サーモンフィレのオーブン焼き

IKEA FOOD Part.2 サーモンフィレのオーブン焼きに挑戦しました。

IKEA FOOD Part.1グラタンはこちら⇒IKEA FOOD Part.1 グラタン - Naoのサラママブログ

これもグラタン同様、サーモンフィレを冷凍のまま器に入れて、ソースをかけてオーブンで焼くだけ。

こちらは180℃で25分間。

www.ikea.com

サーモンフィレ用ソースはこちら

f:id:nao20150803:20150926210431j:plain

こちらはフィレ4切分で1袋。約300円。

あまりかっこいい仕上がりではありませんが、こんな感じ。

f:id:nao20150803:20150930204651j:image

さてさて、こちらのお味は???

 

これはおいしい!!!

簡単かつ、おいしいです~。

写真のようにディルを仕上げにかけ、フランスパンを添えれば、パーティーメニューとしてもいい感じです。

そして、白ワインと合う!!!

ということで、これはオススメです。

 

中2娘の小児科受診

久しぶりに小児科に行きました。

しかも中2の娘と。

 

4月の健康診断で引っかかった娘。

2013年にも同じ症状で一度ひっかかり、学校でいったん再検査したのち、病院での精密検査を求められました。

その時も、そして今回も、結果、異状なしということで終了したのでよかったです。

ちなみに2014年は再検査だったものの、再検査の時点で異常なしでしたが、小6から通常検査にはいったん引っかかる、ということが続いていて、心配ではありました。

医師からは、なぜいつも引っかかってしまうのか、原因を自身の経験とともにお話をしてくださいました。娘は医師の話に納得し、また再々検査の結果異常なしであることにホっとしていました。

ところで、中2だと、小児科なの?内科なの?それとも症状によっては別なの?と、疑問に思っていたのですが、受付で健康診断のある項目の再検査であること、それから中2であることを伝えたところ・・・「小児科になります」と言われました。

実は2013年に同じ症状で受診したときは、別の科を受診したんですね。

骨折であれば、外科かな、、、とか思いますが、どの科にかかればいいのかってよくわからなくなりますね。

前回のカルテが残っていたため、小児科の医師も「あれーーー、なんで前回は小児科じゃなかったのかしら?」と言われたので、「受付で案内されたんですよ」と答えると、「まあ、異状なしだからいいけど、あとで受付に話しておきますね」と。

 

その小児科の先生、私大好きなんです。

女性の医師で、いつもショッキングピンクの医師の服を着ています。その上に白衣を着ているのですが・・・

今回は黄色でした。

そして、まあ、お化粧がほんっとにすごい。

目がマツエくとアイシャドウ、アイライナーでサイズが巨大化しております。

そして実は私服を見たことがあるのですが、パンクスタイル!!!

腰からジャラジャラとチェーンやらフワフワのキーホルダーみたいのをつけていて、夏なのに革のピターーーーーっとしたパンツをはいておりました。

大好きなところは、そういうギャップもあるのですが、とにかく、質問にはっきりと答えてくれるところなんですよね。

今回も、娘へのアドバイスを含め、何ら異常ないことを明言してくれましたし、以前、下の娘がかかった時も、嫌な顔をせず、質問に真摯に答えてくれるところがいいです。

今回も、娘も私も、医師のアドバイスに、うんうん頷き、そして「安心しました。ありがとうございます。」と伝えると、医師もめちゃくちゃ笑顔で見送ってくれました。

手足口病の赤ちゃんが数名いて、かわいそうだなーなんて思いながらも、久しぶりの小児科は、なんだかとても懐かしく感じました。

病気をしないってとても幸せですね。

でも病気したときに、安心できるお医者さんが身近にいてくださると、本当に安心します。